2019年 初秋 北海道 道東の釣り


例年北海道にはアメマス釣りに出かけていましたが、最近のアメマスの低調ぶりから虹鱒釣りにシフトが移動しつつあります。今年は最初から虹鱒狙いで北海道に行きました。虹鱒釣りは初夏から秋口までがメインシーズンのようなので、10月のこの時期は大変難しい釣りになります。数は期待できなくても、6番ロッドをしならせる良型の虹鱒に会いたくて出かけてきました。

10月18日 金曜日 晴れ

今年も武蔵小金井駅から4時50分発の京王バスのシャトル便で羽田空港に向かいました。バスは満員の乗客を乗せて、定刻よりやや早く羽田第2ターミナルに到着しました。私の荷物は荷物の自動預け器には入らないので、カウンターに行って荷物を預けました。空港は修学旅行の生徒達で大変な混雑でした。羽田発6時50分のANA4711便は定刻より少し遅れて離陸し、新千歳空港に定刻より20分ほど遅れて8時40分に到着しました。一般車の送迎エリアでガイドの中村さんが待っていてくれました。今回は千歳から道央自動車道で旭川方面に向かいました。

千歳からこの町まで約4時間の道のりでした。町の渓谷公園に車を止めて、トレーラーを切り離しました。このトレーラーの中で昼食を済ませ、すぐに釣り支度を整えて出発です。公園の木々はすっかり色づいていて、秋の訪れを告げていました。



牛舎の脇の道を走って、川へと向かいました。今回も6番のロッドに5番のフライリール、インジケーターを付けたリーダーには2X(1.5号)のティペットを結ぴました。フライは定番のエッグフライで、アウトリガーとして3Bと2Bのオモリを2、3個つけます。流れや水深に応じてさらにオモリを足したり外したりしながら、ポイントにフライを流していきます。しかし、6番ロッドを使うのは一年に一回のこの時だけで、さらにそこにオモリがたくさんつくので慣れるまでが大変です。


北海道の川釣りは年に一度だけです。昨年のことを思い出すまで2日くらいかかりますから、滞在期間3日の釣行では何年経っても進歩がないことになります。確かにその通りで、暫くは思い通りにキャストできないのでアタリもありませんでした。まあ川を取り巻く雄大な景色を見ているだけでも嬉しいことなのですが。


目印先行でフライを流していくと、やがてインジケーターがピタッと止まりました。これがアタリのサインです。すかさずラインを引いて合わせました。反射的に力強い手応えが返ってきました。重くて力強いこの引きは、東北の渓流釣りで尺山女魚をかけたときとは比べものになりません。川の中を凄い早さで泳ぎ回り、時には私の方に突進してきます。何とか寄せてくると、40センチ弱のレインボーでした。


川を遡りながらここぞというポイントを流していくのですが、アタリは続きませんでした。途中で2度ほどアタリがあったのですが、掛かりが浅くてバラしてしまいました。追い食いしてくれる状況ではないので、後は足で稼ぐしか有りません。何度も移動を繰り返しました。この時期にもかかわらず川は水量があり、心なしか水の密度も高いような気がしました。そのため流れに負けないように、一歩一歩慎重に歩かなくてはなりません。



時間が午後4時を過ぎると夕方の気配が漂ってきます。この日最後のポイントまでやってきました。フライを沈めながら川底近くを流していくと、インジケーターに反応が現れました。すぐにラインを引いて合わせると、前回より強い引きが返ってきました。40センチクラスの強い引きでした。待望の良型のレインボーです。慎重にラインを手繰り、少しずつこちらに寄せてきます。レインボーは取り込まれるまで暴れるので油断はできません。やっと寄せてくると、やはり42センチの良型のレインボーでした。本日の最後を飾る一尾でした。



午後4時30分に釣り終了。駐車場に戻り、近くの日帰り温泉に出かけました。夕食は温泉に近いレストランでカレーソバを食べて暖まりました。朝が早かったので、午後8時には爆睡となりました。

10月19日 土曜日 曇り時々雨

5時15分起床。自宅でも毎朝5時に起きているので、どこでもこの時間になると目が覚めてしまいます。トレーラーの中の気温は2度でしたが、外は零下でした。朝食をゆっくり済まし、午前8時に出発しました。大きな川は川に下り立つまでが大変です。川に流れ込む沢伝いに川へと向かいました。ここは熊の通り道にもなっていて、中村さんはこの近くで熊を目撃したそうです。用心しながら川へと向かいました。


中村さんの話では川はかなり減水しているとのことでしたが、それでも水量は十分にあって歩くのは大変でした。川の深みや駆け上がり、流れのたるみなど、魚が潜んでいそうなところにフライを流していきました。しかし、水が厚く流れが早い所ではフライをポイントに流すのは大変です。上流にキャストしたら直ちにメンディングをして、フライが早く沈むようにしなければなりません。さらにドラグがかからないように、メンディングやラインの送り出しなどをする必要があります。


やがてこうした努力が報われるときが来ました。フライが深みにスーッと沈んだ時に、インジケーターがピタリと止まったのです。魚のアタリです。すかさずラインを引いて合わせると、強烈な引きが右手に返ってきました。手が持って行かれそうになる引きでした。余分なラインはリールに巻き取り、リールのドラグを徐々に締めながらリールを使って取り込みました。42センチの良型のレインボーでした。

この後更に一尾を釣り、別の場所を移動することになりました。川が大きく入川場所の限られているので、いったん車まで戻ってから次の場所へ移動となります。川沿いの畑は家畜用の飼料を栽培していますが、その収穫も既に終わっていて広々とした裸地が続いていました。




昼食までには1時間ほどあったので、その間の釣りでした。河原に止めた車から歩いてすぐのポイントでした。車から降りて目の前がポイントという、北海道ならではの何とも贅沢に釣りでした。


しかし、そんな便利な場所でも大物は潜んでいました。対岸近くの深みを流していくと、やがてインジケーターに反応が出ました。間髪入れずにラインを引いて合わせます。またも強烈な引きが返ってきました。間違いなく40センチ級の引きでした。余分なラインを巻き取り、リールのドラグで勝負です。ロッドのバット部分を肘に当てて、魚の引きに負けないようにしながら少しずつ寄せてきました。これも40センチオーバーの良型のレインボーでした。


公園の駐車場に戻り昼食を取りました。昼食は毎回中村さんが用意してくれるので助かります。今回は熱々のソバで暖まりました。雨がポツポツ降り出してきたので、午後からは濁りが入る前の本流に入ることになりました。雨具を着込んで釣り開始です。


幸先良く、すぐに最初の一尾が釣れました。30センチオーバーのレインボーで、これは簡単に取り込むことができました。本州で釣れば大騒ぎかもしれませんが、ここでは小物になるかもしれません。


この日のクライマックスは、その後始まりました。この川にはオホーツク海から鮭(白鮭)が遡上してきます。先々週道北の枝幸町で鮭釣りに挑戦しましたが、そのターゲットになる鮭が30キロ余りを遡上してここまで来ていました。川岸近くの浅瀬では鮭の産卵が始まっていました。その卵を狙って、鮭の周りには何尾ものレインボーが集まっています。そしてそのレインボーを私が狙うのです。オモリを軽くして、鮭の群れの下流側にキャストしました。そのうちインジケーターがグイッと引き込まれました。ヒットです。さきほどの1尾とは全く違う強烈な引き込みでした。慎重にやり取りをして、ランディングネットで取り込みました。42センチの丸々と太ったレインボーでした。


この辺りにはかなりのレインボーがいそうなので、ここを集中的に釣ることにしました。その時ハプニングが起こりました。いつもはフライをキャストしてフライが沈み込むのを見計りながらアタリを待つのですが、この時はフライが着水した瞬間にレインボーが食いついたのです。私は慌ててしまいロッドをあおってしまいました。そのためにティペットに強い力が加わって、3X、2号の糸が切れてしまいました。中村さんは50センチオーバーだったと言っていました。残念と言うしかありません。

何とか気を取り直して再びキャストをすると、またもインジケーターに反応がありました。今度は落ち着いてラインを引いて合わせました。またもや強い引きが返ってきました。40センチ級の引きでした。ドラグを調整しながらリールを巻いて、ネットで取り込みました。43センチの良型レインボーでした。



その後、一尾バラして場も荒れてきたようなのでここで納竿となりました。時刻は午後3時30分でしたが、相変わらず雨が降り続いているので、冷えた体を暖めなくてはいけません。町にあるホテルで入浴と夕食を取ることにしました。この日も午後8時就寝でした。

10月20日 日曜日 曇り後晴れ

室内気温は5.6度で暖かい朝でした。この町にはいくつもの川が流れていて、車で5分か10分ほどで釣り場に行くことができます。今日は初日に入った川と同じ川で釣り開始です。橋の袂から川に入りました。


川沿いの木々は既に紅葉しており、清流とのコントラストがとても美しい風景になっていました。例え釣れなくてもそういった環境に実を置くだけでも嬉しいのですが、釣れればなおさら嬉しくなります。


橋の下は両岸が急に狭まり、樋のようになっています。水深がかなりあるので、素早くフライを沈めて流していきます。やがて魚からの反応がありました。その場で取り込みのは難し場所だったので、少し下流まで魚を誘導してから取り込みました。30数センチのレインボーでした。


少し場所を移動して、更に1尾を追加しました。雨が降ったことで魚が活性化したのでしょうか。私のシステムは3Xのテーパーラインに2X又は3X(2号)のティペットを結んでいます。ラインには3Bを1個か2個、さらに2Bを1個か2個のオモリを付けます。水深や流速に応じて、これらを外したり追加したりしながら、魚のいる層にフライを流していきます。いわゆるアウトリガーの釣りです。もちろん川には色々なスタイルの釣り人がいて、ルアーで狙うルアーマンや餌釣りの釣り人もいます。何が良いのかというよりそれぞれの好みというところです。キャッチ&リリースを心掛けていつまでも楽しい釣りがしたいですね。


場所を移動して、橋の上下流にある深みを狙うことにしました。橋脚の周り脇は流れが狭まるので、水流でえぐられ深みができています。魚が定位しやすい所です。ここを狙いました。


狙いは的中しました。インジケーターに鋭いアタリが現れ、良型のレインボーが食いついてきました。このポイントで2尾の40センチ級を釣ることができました。しっかりと食いついているのでバレることもなく、強烈な引きを堪能することができました。


公園の駐車場に戻って昼食を取りました。今日はお手製のカレーチャーハンでした。この公園の道路を挟んで向かいには大きなハーブ園があります。とても立派な建物の施設で、色々なハーブを展示、育成しているようです(行く暇も無く釣りをしていました。)。午後から再び午前中に行った川に向かいます。


この日の午後は、今回の釣行のハイライトとなりました。昨日の降雨と気温が緩んだのが功を奏したのかもしれませんが、釣りを始めてまもなく大きなレインボーを釣り上げました。計測してみると45センチ、今までで最大のものでした。写真を撮ってから、優しくリリースしました。



そして、さらに大型がヒット。この時期としては本当に珍しいと中村さんが褒めてくれたのは、52センチのレインボーでした。さすがにこのクラスになると取り込むのも大変で、強い引きと魚体の重さで右手が悲鳴をあげました。レインボー釣りの楽しさを満喫できた一日になりました。

10月21日 月曜日 晴れ

今までの北海道釣行は2泊3日でしたが、今回はもう一日加えました。さすがに4日目に入ると足に疲れがきているのを自覚しましたが、後半日なので何とかなるでしょう。今朝は外気温2度と比較的暖かい朝になりました。いつも通りにゆったりとした朝食を済ませると、早速釣り場へと向かいました。今日は一昨日のリベンジで、糸を切った大物を何とか釣り上げようという計画でした。


写真では分かりにくいかもしれませんが、右下の写真には産卵のために集まった鮭が写っています。浅瀬なので背びれが見え隠れしています。この場所の少し下流が深みになっていて、ここに大型のレインボーがいるのです。


水深があまりないので、オモリを少なくしてフライを流します。何度か流すうちにインジケーターに反応がきました。今回は慌てずにラインを引いてあわせました。途端に強烈な引きが返ってきました。かなりの大物です。


ドラグを締めてリールでのやり取りとなりました。無理に取り込むことはせずに、相手の動きに合わせます。やがて魚は少しずつこちらに寄ってきて、何とかネットに入れることが出来ました。45センチのレインボーでした。一昨日の魚かどうかは分かりませんが、大物であることは間違い有りません。リベンジに成功したような気になりました。


この川の上流部に移動しました。かなり上流部のようですが、相変わらず川幅が広く水量も豊富でした。いつも渓流釣りしかしていない私には、こんな大きな川をどこからどう攻めればいいのかよく分かりません。ガイドの中村さんのお世話にならなければ、まず良い釣果には恵まれません。今回も大変お世話になりました。


ここでも幸運に恵まれて、良型のレインボーを2尾釣ることができました。1尾は40センチ超えでした。今までの写真をご覧になってお分かりの通り、小さなものはネットなしでも取り込めますが、40センチを超えるものをネットなしで取り込むのは大変です。< br>


紅葉の木々に囲まれた清流の中で、良型との出合いを堪能できる幸せを十分に味わうことができました。時期的に難しい釣りだと聞かされていましたが、釣り場の好選定のおかげで盛期の釣りに劣らない釣りができました。


午前11時に公園に戻り、帰り支度をしました。千歳に向かう途中のコンビニで荷物を自宅に送りました。釣りは何かと荷物が多くなるので、身軽になると嬉しいものです。夕刻千歳のホテルにチェックインして、翌日の飛行機で帰宅となりました。穴のあいたウエダーを修理しながら、また来年に向けての準備が始まります。

北海道の釣りに戻る